人材紹介業へのキャリアチェンジのポイントとは

作成日:2020年2月5日

 

最近、派遣会社の管理職クラスの方で、人材紹介業へのキャリアチェンジを希望する方が非常に増えています。


この場合のポイントになるが「ポジション」「年収」です。

 

kiji009.jpg■ポジション⇒最初からとは言わないまでも、早期に管理職になれそうな会社

■年収⇒現年収より下がるのはやむを得ないとしても、実績を上げて現年収の700〜800万、それ以上を目指したい。

 

良くあるご要望ですが、両方が叶う求人がなかなか難しい。出来れば、どちらを重視するのかを明確にして頂いた方が良いかもしれません。


なぜなら、両者は相反する傾向がある為です。一般的には、役職が上がれば年収があがるのに、不思議ですね。これは、人材紹介業界独特のキャリアパスに起因します。

 

人材紹介業においては、「マネジメント」職としてキャリアアップする以外に、「プロフェッショナル」というキャリアパスがあります。

 

マネジメントでもある一定のところまでは年収も上がりますが、高い年収を目指すのであれば、間違いなく「プロフェッショナル」をお薦めします。

 


それぞれを、もう少し詳しく見ていきます。

 

まず、「マネジメント」を目指す場合、キーワードは、若手、質より量、、仕組み化、組織化、規模拡大、など。


内部からの引き上げではなく、わざわざ外部から管理職候補を採用するのであれば、それ相応の規模拡大を追っている企業拡大しきった大手では、すでに相応な人材がいるため、成長中のベンチャー企業になる可能性が高いです。


分野は、「単価より決定数のボリューム」で売上を作って行く、新卒〜若手、看護師、保育士、介護士、などの領域。

 

次に、「プロフェッショナル」としてやっていく場合は、個人がより高い実績を上げられる、前者とは逆の「単価の高い」ハイクラスやエグゼクティブの人材紹介業ができる環境が良い。


*まれに前者の領域で、年間4,000〜5,000万を売り上げる方もいらっしゃいますが、ほとんどが20〜30代の方で、40代以降でその分野でその実績を出されている方に、私はお会いした事はありません。
(一般的なホワイトカラーの両面型の人材紹介業では、一人当たりの平均売上2,000万程度と言われています。)


ハイクラスやエグゼクティブに特化しているわけではない紹介会社、でも、トップセールスの方は、他の方よりも単価の高い案件を決めている事が多いです。

 

前者の「マネジメント」のポジションに就いたとしても、年収は700〜800万位迄であるのに対し、「プロフェッショナル」は、1,000万を超える事も珍しくはありません。(入社2年目以降の全社員の平均年収が1,000万以上という会社もあります。)


そこまでではないとしても、実績が給与に反映されやすい人材紹介業で年収アップを図るのであれば、会社や環境に左右される「マネジメント」で上げるよりも、「プロフェッショナル」で上げて行った方が確実だと言えます。

 

ご参考まで。

 

ご相談頂けるようでしたら、具体的な企業例も交えてご説明させて頂きます。どうぞ宜しくお願い致します。

 

転職相談はこちらから↓↓

https://www.impr.co.jp/category/2060711.html