採用面接 〜応募先企業はあなたの何を見ている?

作成日:2020年5月21日

 

kiji_016.jpg採用面接 〜応募先企業はあなたの何を見ている?

 

人材派遣会社と人材紹介会社では多少異なります。

また、若手なのか中堅なのか管理職なのかによっても異なります。


今回は、若手から中堅クラスの方が面接を受ける場合について考えてみたいと思います。
パーソナリティ面とスキル面に分けて考えてみます。


まずパーソナリティ面では

  • 印象管理は出来ているか
  • 目標達成意欲はあるか?
  • 転職先の組織でも活躍できそうな柔軟性はあるか?
  • 心身ともに健康か
  • 他責ではなく自責の考え方が身についているか
  • 主体的に動けるタイプか
  • 自走していけるタイプか
  • 向上心はあるか
  • (未経験又は経験が浅い場合)キャッチアップは早そうか
  • コミュニケーションスキル


スキル面では

  • ビジネスマナーが身についてるか
  • 即戦力として活躍できるか
  • 専門性(強み)をもっているか
  • 応募職種に関する実績は十分か
  • 成功体験、失敗体験をしているか


特に経験者の場合は、

  • 応募書類に誤字脱字がある
  • 志望理由がまとまっていない、良くわからない
  • 自己分析が出来ていない
  • 応募企業の企業研究が出来ていない

 

などは致命的になる可能性が高いです。

何故なら、普段、そのようなことをアドバイスしているはずなのに出来ていないということはそのレベル、と判断されるからです。


具体的な事例はここでは書ききれないのですが、上記の逆を考えてみるとわかりやすいと思います。


面接では様々な質問を通じて、以上のことを確認しながら

  • 業績アップに貢献してくれそうな方か
  • 相性はあうか
  • 今募集しているポジションに相応しい方か
  • 定着して頂けそうな方か
  • 希望年収は適正か

 

を判断されますので、積極的にアピールすることが大切です。
もちろん、企業によってもポジションや年齢、経験によっても重視される点は異なってきますが、概ね上記のポイント押さえておくと良いです。


インプレションでは、応募企業ごとに上記の内容を踏まえた面接対策も行っております。
人材業界への転職をお考えの方は、是非ご利用ください。