人材業界で共通して求められるスキルとは?

作成日:2020年6月7日

 

kiji_017.jpg

転職を例にとると、ケースバイケースです。人材業界といっても派遣会社も紹介会社もあるし、大手も中小もあるし、総合型も特化型もあるし、ベンチャーも老舗もある、転職のタイミングにもよるし、その時の市況にも影響を受けるし、ご縁もあるし、うまくいかない場合もある、まさに100社100様です。

 

でも、そう言ってしまえばそれで終わってしまいますので(笑)、多くの人材会社が基準に考えているであろうことを書いてみます。

 

それは「即戦力として活躍できるスキル」ということです。

 

もちろん年齢や経験年数によって求められるレベルは異なりますが、ビジネスである以上、概ね企業が期待していることは「即戦力として貢献してくれそうか」ということです。

 

では「即戦力として活躍できるスキル」とはどういうことか、これは派遣会社と紹介会社でも違うし、求められるポジションによっても異なってきます。

 

基本的なビジネスマナーや高いコミュニケーションスキルは身についていることが前提として、

◎人材派遣会社ならば

  • 派遣法が理解できている
  • 新規開拓営業が出来る
  • 既存派遣先から売上拡大が出来る
  • トラブル対応ができる
  • 一通りのコーディネーター業務が出来る

等です。加えて、新規開拓には特に自信があり現職ではこれだけの実績があります、等の何かしらの強みも必要です。


逆に「スタッフフォローがやりたいので、新規開拓はない会社がいいです」のような、仕事内容を選びたい方は、今の市況感だと厳しいと思います。


人材紹介会社のコンサルタント職だと、一気通貫で年間売上実績2000万程度が目安です。加えて、〇〇の分野でこれだけの実績を出してきました、といった強みが必要です。あとは条件次第ということになります。

 

転職の場面では、上記のようなことを、実際の面接で様々な質問を通じてその裏付けを確認されるわけですね。

 

 

さらに専門性や求めるポジションごとの細かいスキルは求人によって異なってきますが、即戦力として活躍できるかという視点は変わらないです。

 

年齢との関係でいうと、お若い方だと経験が短い分、キャッチアップのスピードでカバーできるケースもあります。年齢があがってくると、年齢や年収に応じたより高いスキルが求められることになります。管理職レベルだと、新しい事業を立ち上げて軌道にのせた経験、売上げが落ちて大変な時期から業績を回復させた経験、また転職先へのあらたな提案等の視点も求められてきます。

これは、どの業界でも変わらないと思います。

 

インプレッションでは、上記のような内容をいくつかの図を使ってご説明させて頂きながら、転職成功のための最適なアドバイスもさせて頂けるよう努めております。


今すぐの転職ではなくても、ご自身のスキルや人材業界のマーケット感をお知りになりたい方も、どうぞお気軽にご相談にお越し頂ければと思います。