ミドル層の人材ビジネス転職事情

この記事の担当者


渡辺友栄

【人材業界専門エージェント】株式会社インプレッション
コンサルタント 人材業界歴20年


こんにちは。
インプレッションの渡辺友栄です。

転職マーケットにおいて、ミドル層の転職が増えています。

 

人材業界でも同様ですが、

  1. 本来は、若い人を採用したいが売り手市場で採用が難しいのでターゲットを広げている。
  2. 人手不足のため、とにかく即戦力が欲しい。
  3. 急激な規模拡大に伴い、管理職層が不足している。
  4. 新規事業立ち上げに伴い、事業責任者を採用したい。

こうしたケースが主な募集背景となります。

また、その際、ポイントとなるのが給与との見合いです。

 

①の場合ですと、年収は400~500万円。
※インセンティブ等で成果が収入に反映される人材紹介会社の場合は、この限りではありません。

②についても、①と同程度ですが、これまでの実績や、企業に対して特別なアピールができれば、これ以上も可能だと思います。

③④については、かなりの幅があり、500~1000万円、ご経験やスキルによっては、それ以上も可能という企業様もあります。
(最近では、特に④の案件が増えています。)

 

ミドル層の方であれば、ご家庭があるなどある程度の収入は必要となりますが、採用企業からすれば、

「これだけの年収を出して採用する価値があるか?」

という事が判断軸となりますし、

 

応募者側も

「転職先でも求められる成果を出せるのか?」

という事を考える必要があります。
(環境が変われば、前職同様にいかない事も織り込み済みで考えておいた方が良いですね。)

 

年収が上がるほど、【給与に対しての成果】について、企業の見方はシビアになります。

好待遇で転職をしたが、転職先の環境では、求められるだけの成果が出せずに早期離職・・・・

というような事にならないように、シッカリと情報収集をし、あなた自身もしっかりと考えてくださいね。

転職の成功をお祈りしております。

この記事の担当者

渡辺友栄

【人材業界専門エージェント】株式会社インプレッション
コンサルタント 人材業界歴20年

>インプレッションはあなたの転職活動を全面的にサポートします。

インプレッションはあなたの転職活動を全面的にサポートします。

お電話でのお問い合わせ
03-5213-1578(平⽇9:00〜18:00) | よくあるご質問