パレートの法則

この記事の担当者


木村 正宏

【人材業界専門エージェント】株式会社インプレッション
代表取締役 人材業界(派遣・紹介)歴32年


パレートの法則って聞いたことあると思います。

いわゆる80:20の法則ですね。

・売上の8割は2割の顧客が生み出している
・売上の8割は2割の社員が生み出している
・いつも着ている服の8割は持っている服の2割に集中してる

等の使われ方をします。

では
2割の顧客だけあればいいのか?
2割の社員だけがいればいいのか?

と言うとそうではないようなのです。

きっと他の8割に支えられたり絡み合ったりすることで2割の成果につながっているのだと思います。

これと似たような法則で

2:6:2 の法則 っていうのもあります。

ビジネス的な使われ方だと

組織のような集団が出来ると
上位層が2割
普通層が6割
下位層が2割
という構成になるそうです。

ここでもおもしろいのが
例えば上位2割がいなくなったとしても
残りの8割の中でまた2:6:2に分かれるらしいのです。

逆に下位層2割がいなくなったとしても同様に
2:6:2に分かれるという事です。

では強い組織を作るにはどうすれば良いか

普通層のレベルをあげていくこと だそうです。

そうすれば、上位層はもっと頑張るし
下位層は、普通層に引きずられてレベルがあがって行くそうです。

こうしてパレートの法則や2:6:2の法則を見て行くと
なんだか厳しい営業の世界を見ているようですが
80:20であれ2:6:2であれ
上位2割だけで組織が成り立っているわけではないということです。

大切なのは 定着 なのだと思います。

以上、独り言でした。

この記事の担当者

木村 正宏

【人材業界専門エージェント】株式会社インプレッション
代表取締役 人材業界(派遣・紹介)歴32年

>インプレッションはあなたの転職活動を全面的にサポートします。

インプレッションはあなたの転職活動を全面的にサポートします。

お電話でのお問い合わせ
03-5213-1578(平⽇9:00〜18:00) | よくあるご質問